深大寺だるま市2019の日程やアクセス方法は?歴史や開眼の時間など紹介!

今回は、3月に東京都調布市で行われる「深大寺だるま市」についてご紹介致します。

日程アクセス方法歴史など皆さんが気になる情報満載!

興味を持った方は、是非会場へ赴いてみてくださいね。

深大寺だるま市とは

そもそもだるまとは、インドの「達磨大使(だるまたいし)」が由来となっているようです。この達磨大使は、厳しい修行の中で手足が無くなってしまったようで、現在のだるまはこの達磨大使がモデルになっています。

現在、日本では何度倒しても起き上がるという縁起物として親しまれています。

深大寺だるま市は、日本三大だるま市の一つとして全国的にも有名なだるま市です。

正式には、「厄除元三大師大祭(やくよけ・がんざんだいし・たいさい)」という少々小難しい名前で、平安時代に活躍した比叡山の僧侶、元三大師(良源)を称えるお祭りのようです。

境内には、だるま店や飲食店など約300店の露店・屋台が並び盛り上がりを見せ、来場者は毎年10万人を数える人気な内容となっております。

混雑状況について

深大寺のだるま市の混雑は、2日間でおおよそ10万人ほどが詰めかけるようです。

日本三大だるま市の1つという事もあり、なかなかの人気っぷりですね。

また、それだけの人数が詰めかけるためか300店舗の出店が毎年あるようで、今年もそれくらいのお店が出店するとの事。

お子さんを連れて行かれる方は、是非はぐれないように気を付けてくださいね。

深大寺だるま市2019の日程は?

深大寺だるま市の日程についてですが、3月3日(日)、4日(月)の2日間で行われます。

そして、会場は東京都調布市にある深大寺になります。

開催日時 3月3日(日)、4日(月) 9:00~19:00
会場 深大寺
住所

〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-15-1

 

公式HP https://www.jindaiji.or.jp
連絡先 042-486-5511 

深大寺だるま市2019気になる時間は?

また、だるま市護摩祈願だるま開眼スケジュールなど以下のような時間になります。

〇だるま市護摩祈願 ※申込は15分前までに

                 10:00~
                 11:00~
                 12:00~
                 13:00~

                 14:00~

           ※一般の方は大師堂に入堂できないとの事です。

                 15:00~
                 16:00~

〇だるま開眼

場所:大師堂前仮設開眼所

時間:9:00~17:00

〇お練り行列

14:00~

深大寺だるま市2019の見どころは?

それでは、ここで深大寺だるま市の見どころを紹介していこうと思います。

毎年10万人近くの人が熱狂しているこのイベントの魅力とは何か?

気になる人は、是非ご覧ください!

だるま市

お祭りの名前に見あるように、見どころの1つとしてだるま市は見逃せませんよね。

このだるまですが、もちろん買うことが出来まして値段は1000円のもあれば、数万円するものもあるとか。

値段は、ピンからキリまである様なので何で判断するかは皆さん次第という事になります。

ちなみにですが、ダルマによっても色や表情が違うみたいですよ。

  と参考になる楽しみ方はSNS上でも公開されているので、詳しく知りたい方は是非調べてみてください。

ちなみに、ネット上には「深大寺だるま市 値切る」と検索すると、

「値切ると縁起が良くなる」

という書き込みがありますが、深大寺の方に問い合わせてみたところ特にそんな事はないようで、逆に値切ると運勢が落ちるのでは?という事でした。

だるまの開眼

  売られているだるまの目は、白めの状態のようです。

そこに、深大寺の僧侶に元三大師堂前の特設『だるま開眼所』にて直々に開眼(目に文字を入れる事)をして頂けるようです。

目の中には、インドの古い文字である梵字を入れるようでこれは深大寺独特のなものみたいですよ。

その文字とは、阿吽の呼吸という言葉より、

・左目に物事の始まりを意味する「阿」

・心からの願い・心願が叶った際には右目には物事の終わりを意味する「吽」

を入れるとの事。

こちらは、もちろん買っただるまだけでなく以前買った際に左目に「阿」を入れただるまにも右目に書いていただけます。

場所:大師堂前仮設開眼所

時間:9:00~17:00

護摩祈願

引用:https://www.jindaiji.or.jp/

皆さんは、そもそもな話「護摩」の意味ってご存知ですか?

ネット上で調べてみると、

密教で、不動明王や愛染(あいぜん)明王などの前に壇を築き、火炉(かろ)を設けてヌルデの木などを燃やして、煩悩(ぼんのう)を焼却し、併せて息災・降伏(ごうぶく)などを祈願する修法。

引用:https://kotobank.jp

という事で、自分の欲望を火で焼き尽くすという事ですね。

さらに、所願が成就についてですが、

厄除・家内安全・商売繁昌・身上安全・身体健全・交通安全・無病息災・當病平癒・良縁成就・安産・学業成就・試験合格等がございますが、その他の祈願事もお受けいたしますのでご相談下さい。

引用:https://www.jindaiji.or.jp

という事で、事前に希望する時間の前にご相談が出来るようなので、希望する方は是非問い合わせてみてください!

その際の流れは以下のようになるようです。

  1. 元三大師堂受付にて「申し込み用紙」に必要事項をご記入。
  2. 護摩祈願料をお納める。
  3. 祈願時間の10分前には元三大師堂へ入る。
  4. 深大寺僧侶が護摩祈願を行い、 祈願・法話の後にお札を頂く。
  5. お授けした護摩札は皆様の心を形に表したもの。大切に持ち帰り、いつも見える場所へ祀る。

詳細な時間については、こちらから!

お練り行列

実施は、だるま市開催期間中3月3日、4日の14:00より行われます。

内容は、袈裟(僧侶の衣服)に身を包んだ僧侶が我楽の音色に合わせて行進します。

 

ご覧のように、練り歩く際にはお経をメロディーに合わせて歌う「聲明」を聴くことができるようで、こちらは天台宗に古くから伝わるもので比叡山以外では滅多に聞くことが出来ないみたいですよ。

物凄く貴重な経験だと思いますので、興味がわいた方は是非深大寺だるま市へお越しください!

深大寺だるま市2019へのアクセス方法は?

では、ここから深大寺だるま市2019へのアクセス方法をご紹介致します。

場所は、東京都調布市にある深大寺になります。

電車を使われる際は、駅からバスをご利用ください。

また、お車でお越しの場合は中央自動車道 調布ICや国道20号線などが便利です。

電車をご利用の場合

電車をご利用の場合、いくつか最寄り駅がありましてそこからバスでの移動となります。

京王線

・調布駅 新宿駅より特急、準特急で約15分

・つつじヶ丘駅 新宿駅より急行で約20分

中央線・総武線

・吉祥寺駅 新宿駅より快速で約21分

・三鷹駅 新宿駅より快速で約15分

調布駅 

調布駅で降車後、北口へ行き、バス停の13、14番乗り場へお越しください。

引用:https://bus.ekitan.com

※クリックすると画像が拡大します。

〇14番乗り場

・調34 深大寺行き

降車バス停:深大寺、深大寺小学校前

乗車時間:15分

バス停からの時間:深大寺→約3分

         深大寺小学校前→約5分

時刻表:http://transfer.navitime.biz

・吉14 吉祥寺駅行き

降車バス停:深大寺小学校前

乗車時間:約10分

バス停からの時間:約5分

時刻表:http://transfer.navitime.biz

・調35 杏林大学病院行き

降車バス停:深大寺小学校前

乗車時間:約10分

バス停からの時間:約5分

時刻表:http://transfer.navitime.biz

〇13番乗り場

・吉06 吉祥寺駅行き

降車バス停:深大寺入口

乗車時間:約10分

バス停からの時間:約8分

時刻表:http://transfer.navitime.biz

・調56 三鷹行き

降車バス停:深大寺小学校前

乗車時間:約10分

バス停からの時間:約5分

時刻表:http://transfer.navitime.biz

また、それぞれのバス停から深大寺への行き方は以下の通りになります。

・バス停 深大寺→深大寺

・バス停 深大寺小学校前→深大寺

つつじヶ丘駅

電車を降車後、北口のバスターミナルへ進んださい。

引用:http://transfer.navitime.biz

※クリックすると画像が拡大します。

そして、そこから出ている「深大寺」行きのバスへ乗車してください。

・丘21 深大寺行き

降車バス停:深大寺

乗車時間:約15分

バス停からの時間:約3分

時刻表:http://transfer.navitime.biz

また、「バス停 深大寺」より深大寺への行き方は以下をご確認ください。

・バス停 深大寺→深大寺

吉祥寺駅

吉祥寺駅降車後、南口と北口があるのですが井之頭池がない北口側のバスターミナルへお越し頂き、6、4番乗り場が深大寺へ向かうバスが発車しています。

引用:https://bus.ekitan.com

※クリックすると画像が拡大します。

〇6番乗り場

・吉04 深大寺行き

降車バス停:深大寺

乗車時間:約30分

バス停からの時間:約8分

時刻表:https://transfer.navitime.biz

・吉05 調布駅北口行き

降車バス停:深大寺入口

乗車時間:約25分

バス停からの時間:約8分

時刻表:https://transfer.navitime.biz

〇4番乗り場

・吉06 調布駅北口行き

降車バス停:深大寺

乗車時間:約30分

バス停からの時間:約3分

時刻表:https://transfer.navitime.biz

それぞれのバス停からの行き方は以下のよりご確認ください。

・バス停 深大寺→深大寺

・バス停 深大寺入口→深大寺

三鷹駅

三鷹駅は、南口と北口にバスターミナルがありますが南口になりますので注意してください!

引用:https://bus.ekitan.com

※クリックすると画像が拡大します。

バス乗り場は、2カ所ありまして3番乗り場と5番乗り場になります。

〇3番乗り場

・鷹65 深大寺行き

降車バス停:深大寺

乗車時間:約25分

バス停からの時間:約3分

時刻表:https://www.jorudan.co.jp

〇5番乗り場

・鷹56 調布駅北口行き

降車バス停:深大寺入口

乗車時間:約25分

バス停からの時間:約3分

時刻表:https://www.jorudan.co.jp

それぞれのバス停からの行き方は以下のよりご確認ください。

・バス停 深大寺→深大寺

・バス停 深大寺入口→深大寺

それぞれのバス停からの行き方は、以下の通りになりますので参考にしてみてください!

バス停 深大寺→深大寺

バス停 深大寺小学校前→深大寺

バス停 深大寺入り口→深大寺

車をご利用の場合

車でお越しの場合は、調布IC国道20号線をご利用していただくことをオススメ致します。

調布ICより

 

いくつか行き方があるようですが、道が混まなければ大体15分ほどで行ける距離にあるようですね。

国道20号を新宿、環八、仙川方面

ここでは、説明の便宜上、国道20号線にあります「調布警察署」からご案内いたします。

 

調布警察署からですと、道が混まなければ大体10分ほどで行ける距離にあるようですね。

高速道路や中央道を関係なく、だるま市当日は混雑する可能性が十分考えられますので、気を付けてお越しください!

深大寺だるま市2019の駐車場は?

駐車場についてですが、深大寺に駐車場はあるようですが、

・法事

・車両祈願

のみしかご利用できないようです。

その為、ここでは近隣のコインパーキングをご紹介致します。

タイムズ調布ヶ丘第3 

 

住所 東京都調布市調布ケ丘1-11
営業時間 24時間営業
収容台数 6台
料金 08:00-20:00 20分¥100
20:00-08:00 60分¥100
■最大料金
駐車後24時間 最大料金¥900
地図  

リパーク調布ケ丘4丁目

 

住所 東京都調布市調布ケ丘4丁目34
営業時間 24時間
収容台数 12台
料金 全日
08:00-22:00 20分 100円
全日
22:00-08:00 60分 100円
地図  

神代植物公園第一駐車場

 

住所 東京都調布市深大寺北町1丁目4
営業時間 24時間営業
収容台数 228台
料金 普通車全日 最初の1時間 ¥300 
1時間以降 ¥100 30分 
地図  

深大寺だるま市2019 雨天の時はどうなるの?

雨天の時についてです、だるま市自体は中止しないようです。

しかし、だるまなどを売っている屋台はどうなるかは当日にならないとわからないとの事。

という事で、天気が悪いと人混みの中は余計に歩きづらいですが、だるま市は楽しむことが出来るようなので、是非会場へ足を運んでみてください。

深大寺だるま市の歴史は?

  深大寺だるま市は、江戸時代中期から始まった行事で、静岡県富士市の毘沙門天大祭だるま市、群馬県高崎市で行われる高崎だるま市に並び日本三大だるま市の1つとして知られています。

このだるま市は、元三慈恵大師と深いご縁があるようで、1646年の大火の時に大師堂が全焼したにもかかわらず元三大師像は火難を免れたようです。

この不思議な出来事が七転八起のだるまの信仰と重なり江戸中期よりだるま市が開始したと言われています。

深大寺だるま市の御朱印について

実は、深大寺だるま市ではこの2日間限定の御朱印があるようで、御朱印集めに夢中の方には目が離せないですね。

の御朱印で、価格は500円ほどのようです。

御朱印集めをしていない人でも、寺社名や本尊名が手書きされている御朱印を手に取る事で、書道の心得がある宮司や住職がしたためる書は美しさを感じるかと思いますので、よりいっそうのご利益を感じるのではないでしょうか?

深大寺だるま市の口コミ

・毎年3月の3・4日に行われるじんの恒例行事で、我が家でも毎年此方でだるま様を買わせて頂きます。出店も沢山出て毎年とても賑やかです。

・調布の深大寺で毎年行われるお祭り。境内の前には出店がずらりと並び大賑わいです。大小さまざまなだるまがあります。昔ながらの伝統的なお祭りです。商店街はとても狭いのでかなり混雑します。しかし情緒ある場所なのでぜひ行ってみて下さい。

・「東京に春を呼ぶ」と銘打たれた深大寺のだるま市は3月3、4日に開かれます。厄除三大大師の深大寺のだるま市は江戸中期からの由緒があるそうです。

・吉祥寺、三鷹、調布から、手軽に行ける古刹です。初詣も賑わいますが、3月3~4日には、恒例のだるま市があり、こちらも賑わいます。寺の周りには、深大寺そばのゆかりで、沢山のそば屋があり

引用:https://www.tripadvisor.jp

まとめ

深大寺だるま市2019についてご紹介致しましたがとても楽しみなイベントだったと思います。

日本三大だるま市の1つという事もあり、人気あるイベントで見どころが満載だったかと思いますので、興味を持たれたかは是非、3月2日、3日は深大寺だるま市へ行ってみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする